【夢占い】犬の夢が意味することとは?恋愛、仕事、金運などまとめて紹介!

あなたは、「夢占い」を知っていますか?
「夢占い」は、あなたが眠っている間に見た夢の出来事を占っていきます。
「夢占い」の特徴は、あなたの気持ちによって同じ夢でも内容が変わってくるのです。
さまざまな出来事を占うことで、あなたの運勢を占っていきます。
それでは、犬の夢が意味することは何か!また、恋愛・仕事・金運などまとめてご紹介していきます。

【夢占い】犬の夢が意味すること

「夢占い」で犬の夢が意味することは「友情」や「信頼」を表しています。
また、犬の夢の象徴するものは「男性」「あなたを支えてくれる存在」「攻撃的」です。
「夢占い」では、「どんな状況で犬が出てきたのか」「どんな犬だったのか」を判断することであなたの運勢を占っていきます。
それでは、犬の夢が意味することを詳しく見ていきましょう。

【夢占い】犬の夢が恋愛運に与える影響とは

犬の夢は、「新しい出会いが訪れる」という暗示しています。
犬の象徴は「男性」でもあることから、「素敵な男性に出会いたい」と心のどこかで思っているあなたの気持ちが夢に反映しているのかもしれません。
恋人が欲しいと思っている人は是非、積極的に行動してみてください。
また、犬の夢が「出会いのチャンスがある」ということを知らせてくれているのです。
夢の内容を細かく見ていくことで、自分がこれから起こす行動にも繋がっていくことでしょう。

【夢占い】犬の夢が金運に与える影響とは

犬の夢でもっとも重要なのが、犬の種類や色によってあなたの運勢が変わってくることです。
白い犬を見たときは全体的に運が上昇することがありますが、特に金運がアップするという暗示が出ています。
「白」という色は、「夢占い」では幸運を表していることから吉夢とされているのです。
また、犬のうんちを踏んでしまう夢を見たときも金運が上がるとされています。
「うんち」=「運が上がる」という意味合いから、こちらも吉夢とされています。

【夢占い】犬の夢が仕事運に与える影響とは

【夢占い】犬の夢が仕事運に与える影響とは

犬の夢は「「男性」「信頼」という意味をもっているため、仕事に関して信頼できるパートナーを見つけることができることを表しています。
また、犬が出てくる夢を見るということ自体が運気が上昇するという暗示が出ているため、吉夢とされているのです。

【夢占い】犬の夢の意味を内容別に紹介

犬の夢は運気がアップするという意味が込められていますが、犬の行動やあなたの気持ちによって「夢占い」の意味が変わってくるのです。
犬の夢を見たときは、どのような状況だったのかを確認してみてください。
それでは、犬の夢の意味を内容別に紹介していきます。

犬を飼っていた

犬を飼っていた夢を見たときは、「愛情に飢えている」と暗示が出ています。
また、あなたが孤独を感じている状態で癒してくれる人を探しているのです。
さらに、あなたが女性の場合は「恋人が欲しい」と感じている証なのです。
恋人がいる人で犬を飼っていた夢を見たときは、現在お付き合いしている人とあまり上手くいっていない状態を表しています。

犬がたくさんいた

犬がたくさんいた夢を見たときは、あなたが女性の場合「多くの男性に好意をもたれている」という暗示が出ています。
一見、恋愛運が上昇しているように思えますが、あなたを手に入れたいと考えている男性とトラブルが起きることもあるようです。
多くの男性がいるため、「どの人を選べば良いのか」と悩んでしまい曖昧な態度をとってしまうかもしれません。
そのことでトラブルが起こる可能性があります。
あなたのためにも男性を良く見極めて選ぶことをおすすめします。

犬が懐いていた

犬が懐いていた夢を見たときは、あなたの我儘や空気が読めない性格を直した方が良いとアドバイスしてくれていると捉えます。
また、警告夢ともいわれ犬が懐いていた夢を見ることで、あなたに「もっと周りを観察し、空気を読むことを養おう」と教えてくれているのです。
少しでも意識し、注意することで改善されてくるでしょう。

犬をなでていた

犬をなでていた夢を見たときは、ストレスを溜め込んでいるという暗示が出ています。
日常で犬を飼っている人は犬をなでることで癒されると思いますが、「夢占い」の中でも同じことがいえるのです。
犬をなでて癒されたい=ストレスが溜まっているということになります。
また、なでられた犬の反応によって意味合いが変わってくるのです。
なでられた犬が機嫌が悪くなったり疲れ気味の場合は、あなたも同じく心身共に疲れきっているようです。
なでられた犬が嬉しそうにしている場合は、気分転換をしてみてはいかがでしょうか。

犬を助けていた

犬を助けていた夢を見たときは、あなたの近くにいる男性から助けを求められていると暗示が出ています。
身近に困っている人がいたら、手を差し伸べて話を聞いてあげたりアドバイスをしてみてください。
あなたに話すことで、悩みは解決することでしょう。

犬が死んでいた

犬が死んでいた夢を見たときは、犬の色によって意味合いが変わってくるのです。
黒い色の犬の場合は、あなたがもっている悩みやストレスから解放されていくことでしょう。
白い色や茶色い犬の場合は、運気が低下し問題やトラブルが多発するという暗示が出ています。
この時期に積極的に行動することを避けた方が良さそうです。
引っ越しや転職など考えている人は、もう少し時間が経ってから考えましょう。
また、あなたが女性の場合は結婚や出産でトラブルが起こる暗示が出ています。
結婚式でのトラブルや、出産の準備が順調にできないなどの問題が起こるかもしれません。
そのため、事前に入念な確認をおすすめします。

犬に追いかけられていた

犬に追いかけられていた

犬に追いかけられていた夢を見たときは、不安や危険を感じている暗示です。
犬に追いかけられて怖い思いをしたことで、「不安」を表しています。
また、女性がこの夢を見た場合は男性に迫られるという警告夢がでているのです。
そんなときは、身近にいる男性で少しでも怪しいと感じた場合は、注意が必要となります。
特に不安に感じたときは、周りの人に相談することをおすすめします。

犬に噛まれていた

犬に噛まれていた夢を見たときは、状況によって意味合いが変わっていきます。
犬に噛まれた場合は、人に騙されたり裏切られるという暗示がでていますが、この夢を見たすぐにあなたに近づいてくる人は警戒をした方が良さそうです。
また、強く噛まれたときは警告夢として捉えられるため、注意が必要になります。
小さい犬に噛まれたときは、あなたの身近な人からの裏切りがあるかもしれません。
犬同士で噛み合っているときは、夫婦仲で深刻な状態になっているといえます。
黒い犬に噛まれた場合は凶夢となるため、より慎重になるべきかと思います。
犬に噛まれた夢を見たときは、慎重になり警戒心をもってください。

犬を抱きかかえていた

犬を抱きかかえていた夢を見たときは、あなたが精神的に穏やかになっているかを表しているようです。
犬=攻撃性があることから、犬を優しく抱きかかえていたときはあなたが人に対して優しくなれるという暗示がでています。
犬を抱きかかえることで、癒され穏やかな気持ちになります。
特にストレスを感じている方がこの夢を見ると、気持ちがスッキリするはずです。

犬が出産していた

犬が出産していた夢を見たときは、幸運が訪れると暗示がでています。
また、運気が上昇して良いことが起こる予兆ともいえます。
この場合は、あなたの身近な人や家族に嬉しいことが起こる可能性があります。
友人が結婚したり、トラブルを抱えていたことが解消されたりと嬉しい報告が聞けるでしょう。
その結果、あなたが幸せな気持ちになることであなたの運気も上昇していくと考えられます。
嬉しい報告には素直に喜んであげましょう。

犬が病気になっていた

犬が病気になっていた夢を見たときは、あなたの身近な人にトラブルが起こるという暗示がでています。
犬=男性の象徴でもあるため、あなたの身近にいる男性が病気や事故にあう可能性があります。
犬が病気になった夢を見たときは、身近にいる男性に知らせてあげることをおすすめします。
また、あなたの部下や後輩から裏切られるという暗示もでているようです。
普段から、あなたが優しく接することで悪い事態は回避できるでしょう。

犬が逃げていなくなってしまった

犬が逃げていなくなってしまった夢を見たときは、身近な人と離れてしまうという暗示がでています。
犬は男性を表しているため、あなたが女性の場合はもっとも親しい人との別れがあるということになるでしょう。
あなたは喧嘩やトラブルが原因で、精神的にも落ち込んでしまっているようです。
もしかしたら、思い当たることがある人は行動を改めることで親しい人との別れを回避できることもあるかもしれません。

犬が家に入ってきた

犬が家に入ってきた夢を見たときは、あなたの願望を表しているのです。
家=あなたの居場所という意味があり、あなたの中に入ってくるということになります。
それは、あなたが「新しい家族が欲しい」と望んでいるということで「結婚願望」を暗示しているのです。
また、結婚している場合は「子供が欲しい」と考えているようです。
犬が家に入ってきたという夢を見たことで、あなたの内なる気持ちが夢に表れたと考えられます。

犬を追い払っていた

犬を追い払っていた夢を見たときは、人間関係や仕事でトラブルが起こる暗示がでています。
そのトラブルは、近い将来起こることで現状を変えていけば回避できるかもしれません。
人間関係のトラブルは、あなたが悩み続けることでトラブルが起こるのです。
苦手な人と接点がない場合は良いのですが、仕事関係の人となると常日頃から接することがあります。
その場合、トラブルが起こる前にあなたが柔軟な対応を心がけてみてはいかがでしょうか。
近い将来のことであるため、今から心構えをしていればきっと乗り越えられるでしょう。

白い犬だった

白い犬が夢にでてきたときは、「夢占い」では「白」は吉夢を表しています。
「白」は願いが叶うとされているため、幸運が訪れる証なのです。
また、白い犬がでてきた夢を女性が見た場合は、「素敵な恋の予感」を暗示しています。
犬=男性を象徴しているため、素敵な男性に出会うチャンスが巡ってくるのです。
普段あまりオシャレに興味がない人は、いつどこで素敵な出会いがあるのかわからないため常に意識してみてはいかがでしょうか。

黒い犬だった

黒い犬が夢にでてきたときは、「夢占い」では「黒」は不吉なことが起こる予兆です。
体の不調や、病が悪化するという意味合いが込められています。
さらに、親しい人に裏切られるという暗示も出ているのです。
黒い犬が出てきた夢を見たときは、すでに体調が悪い人は病院へ行くことをおすすめします。
また、元気な人でもこれから悪くなる可能性があるため、体調管理に気をつけてください。
心身共にダメージを受けやすいため、何事も慎重に行動をした方が良さそうです。

赤い犬だった

赤い犬が夢にでてきたときは、「赤」はあなたが周りの人に攻撃的になっている暗示のようです。
犬=攻撃的という意味合いがあることから、そこに闘争心の「赤」が加わることであなたが周りの人とトラブルを抱えているという表れになるのです。
もし、トラブルの原因があなたに心当たりがある場合は、少し冷静になってみてはいかがでしょうか。
あなたが気づかない間に周りの人にきつく当たっているかもしれません。
一旦、自分の行動や言動を振り返ってみてください。
また、赤い犬に襲われた夢を見たときは、あなたに対して誰かが敵意を剥き出しにしているという警告夢かもしれません。

青い犬だった

青い犬が夢にでてきたときは、癒しや穏やかさを意味しています。
「夢占い」では「明るい青」=安らぎ・癒し、「暗い青」は「孤独」「憂鬱」などを表しているのです。
明るい青の犬が出てきた場合は、判断力が冴えており何事にも直感で判断できるとされており、物事を冷静に判断できる状態であるのです。
また、女性がこの夢を見たときは癒される相手に出会う予兆でもあります。
暗い青の犬がでてきた夢を見た場合は、あなたは悪い方に考えてしまい孤独を味わっている状態を表しています。
マイナスに考えすぎて、周りの人がみんな敵に見えてくるようです。
悪い状態になる前に、適度にマイナスな気持ちを解消してみてはいかがでしょうか。

子犬がでてきた

子犬がでてきた夢を見たときは、あなたが愛情を求めている暗示がでています。
女性がこの夢をみた場合は、良きパートナーに出会えるということが子犬になって表れているのかもしれません。
また、子犬があなたになついている場合は、「プロポーズされる」という暗示がでています。
子犬がでてきた夢は吉夢と考え、あなたの今の状態と夢の意味を考えてみてください。

子犬を拾っていた

子犬を拾っていた夢を見たときは、あなたが決断をすることを意味しています。
あなたが女性の場合は、交際する男性を「この人に決めた!」という決断が夢に出ていると考えます。
子犬を拾っていた夢を見ることで、あなたの心の決心がついたことが表れているのです。

子犬が家の中に入ってきた

子犬が家の中に入ってきた

子犬が家の中に入ってきた夢を見たときは、おめでたいことが起こる暗示がでています。
前述にもご紹介しましたが、家の中に入る=家族が増えるという意味合いから「結婚」や「出産」など嬉しい報告が舞い込んでくる知らせです。
あなた以外の家族にも、おめでたいことが起こると暗示しています。

大型犬がでてきた

大型犬がでてきた夢を見たときは、女性が見た場合は「頼りたい」「助けてほしい」と思っている気持ちの表れなのです。
大型犬=身近な男性、恋人、父親を暗示しています。
そのことから、あなたは身近にいる男性や父親に助けを求めているということになります。
また、大型犬が立派な大きさで、人懐っこくあなたに接している場合はあなたの願いが叶うとでています。
しかし、まったく懐かないときは注意が必要です。
身近にいる男性と上手くいっていないことを表しているのです。

大型犬と仲良く遊んでいた

大型犬と仲良く遊んでいた夢を見たときは、友達や身近な人との相性がぴったりという暗示がでています。
さらに、その関係はこれから深まっていくことでしょう。
人間関係が上手くいっている証となり吉夢だといえます。

小型犬がでてきた

小型犬がでてきた夢を見たときは、あなたが「誰かを守ってあげたい」と考えているようです。
小型犬=守りたい存在となり、あなたが世話を焼きたいと感じている証なのです。
特に小型犬は、周りに助けてくれる人がいないと生きていけない動物だと考えます。
また、世話を焼きたいと考えるあなたに、負担がかかるという暗示もでているようです。
さらに、夢の中で小型犬に世話を焼いている場合はその気持ちは一層強くなります。

可愛い犬だった

可愛い犬がでてきた夢を見たときは、新しい出会いが訪れるという暗示がでています。
小さくて可愛い犬があなたに懐く場合は、人との交流が広がり出会いが訪れてくるサインなのです。
あなたは幸せな時間を過ごすことができるでしょう。
また、身近な人からの支援が期待できるという暗示もでています。
可愛い犬=吉夢と考えられるでしょう。

言うことを守る忠実な犬だった

言うことを守る忠実な犬がでてきた夢を見たときは、人間関係が良好という暗示がでています。
忠誠心を誓うというのは、動物の中でも犬が断トツだと言われています。
そこで、忠誠心を誓う相手はあなたにとっての部下や後輩にあたります。
また、仕事がスムーズにいくことで、部下や後輩に恵まれたという環境にあるのです。
しかし、そこであなたが恵まれた環境にいることを当たり前だと思わずに日頃から、有難いと思う気持ちで接しないと関係が壊れていくことでしょう。

野良犬だった

野良犬が夢にでてきたときは、トラブルに巻き込まれるという暗示がでています。
野良犬=飼い主がいない犬ということで、今まで上手くいっていたことが悪い方向へ進んでいくようです。
運気が停滞するという暗示で、トラブルが発生しやすくなってしまうのです。
野良犬が夢にでてきたら、トラブルが起こる前に慎重に物事を進めていくことをおすすめします。

怖い犬だった

怖い犬が夢にでてきたときは、人間関係にトラブルが起こるという暗示がでています。
また、怖いだけではなく危険を感じる犬の夢を見たときは、周りの人に裏切られるという意味をもっているのです。
トラブルが起きると心身共に疲れてしまいますが、そこは上手く切り替えて自分なりにストレスを解消できる方法でリラックスしてみてください。
また、怖い犬がでてきた夢でも懐いていたり仲良くしているときは、反対に吉夢と考えられるのです。
そのため、苦手な人や怖いと感じた人でも仲良くやっていける暗示がでています。

犬が鎖につながれていた

犬が鎖につながれていた夢を見たときは、あなたからのSOSを表しているようです。
鎖につながれている=心身共に制御しないといけない気持ちが表れているため、あなたの精神状態が限界に達している暗示がでているのです。
このまま放っておいとさらに悪化するため、心身共に休める時間を作ったり周りの人に話を聞いてもらう機会を作った方が良さそうです。

飼い犬がでてきた

飼い犬が夢にでてきたときは、あなたの気持ちによって意味合いが変わってきます。
飼い犬が夢にでてきて嬉しかったり楽しく感じている場合は、飼っている犬がもっと遊んでほしいと感じているのかもしれません。
飼い犬が夢にでてくるということは、あなたとの相性や絆を表しているようです。
夢の内容と照らし合わせて見ることで、さらに詳しくわかってきます。

犬が遠吠えしていた

犬が遠吠えしていた夢を見たときは、あなたにトラブルが起こる警告夢と捉えられます。
日常では、犬は遠吠えをすることで他の犬と会話をしています。
しかし、夢にでてきた場合はあなたに「これから危険なことが起こる」と教えてくれているのです。
あなたの予想を越える出来事が起こる可能性があるため、今の環境を変えたりしないで慎重に行動することをおすすめします。

犬に吠えられていた

犬に吠えられていた

犬に吠えられていた夢を見たときは、身近な人とトラブルが起こる予兆がでています。
犬が吠えることで、あなたに良くないことが起こると知らせてくれているのです。
近い将来、あなたが仕事関係の人や友達と離れてしまうようなことになるというのです。
また、身近な人からの裏切りや喧嘩などの攻撃を受けることがあります。
この内容を聞くと落ち込んでしまいますが、事前にわかることで回避することもできるはずです。
そのためには、冷静な判断が求められています。

大人しい犬が突然凶暴になった

大人しい犬が突然凶暴になった夢を見たときは、突然の裏切りにあうという予兆がでています。
大人しい犬が突然凶暴になるということは、あなたが信頼していた人からの裏切りがあるという暗示がでています。
これからは、今まで以上に人間関係を慎重に考えていく方が良いでしょう。

犬が喋りかけてきた

犬が喋りかけてきた夢を見たときは、警告夢ということになります。
犬が話すということは、あなたに忠告してくれているという意味合いがあるのです。
また、周りの人とトラブルが起こる予兆を表しています。
人間関係のトラブルを招いてしまう恐れがあるため、注意が必要になります。

犬を散歩していた

犬を散歩していた夢を見たときは、周りの人ともっと仲良くなりたいという願望を表しています。
特に気になる人がいる人がこの夢を見た場合は、友人関係から恋人へと進みたいという願望を表しています。
また、恋人がいる人がこの夢を見た場合は、相手の人を自分の思い通りにさせたいという願望を表しているようです。
結婚している女性の場合は、旦那さんより優位に立ちたいと思っている証なのです。

自分が犬になっていた

自分が犬になっていた夢を見たときは、自分に自信がもてないという気持ちの表れなのです。
犬になっているということは、自分の気持ちよりも周りにいる人の言いなりになってしまっていることを意味しているのです。
その結果自分に自信がもてず、周りの人にいい様に使われてしまうことになります。
この夢を見たということは、自分自身も「今の自分を変えたい」と思う気持ちがあるからなのかもしれません。
これからは、自信をもって自分の行動や気持ちを優先してみてはいかがでしょうか。

犬が突然人になった

犬が突然人になった夢を見たときは、あなたの本心が夢へと表れているようです。
犬が人になるということは、あなたの気持ちを代弁してくれているのです。
人になった犬が話した内容や行動を詳しく見ていくことで、あなたの本心を探ることができるかもしれません。

犬と猫が喧嘩していた

犬とt猫が喧嘩していた夢を見たときは、恋人関係の不満を表しています。
犬=男性、猫=女性となるため恋人同士が喧嘩をするという暗示がでています。
犬と猫が喧嘩をしていた夢を見たあなたは、恋人に不満があってもなかなか言えない状態であることを示しています。
もし、不満があるならばきちんと自分の気持ちを相手に伝えた方が、今度の交際に関係してくるかもしれません。

犬同士が喧嘩していた

犬同士が喧嘩をしていた夢を見たときは、周りの人の喧嘩にあなたが巻き込まれてしまうという暗示がでています。
友達や家族など身近な人の喧嘩にあなたが巻き込まれ、間に入って仲裁をしないといけないこともあるようです。
その場合、あなたは中立の立場になり冷静に判断することをおすすめします。

犬を捨てていた

犬を捨てていた夢を見たときは、人間関係を清算したいと考えている暗示なのです。
夢の中で犬を捨てることに何も抵抗がなかった場合は、捨てたいという気持ちが強いと考えます。
特に、女性が見る場合は恋人との関係を終わらせたいと考えているようです。
もしも、犬を捨てることに躊躇している場合はもう一度じっくり考え、冷静に判断してみてください。

犬をはたいていた

犬をはたいていた夢を見たときは、人間関係が良い方向へ進むという暗示がでています。
実際に犬を叩くことはやってはいけないことですが、「夢占い」では愛情という意味合いに捉えられます。
特に、あなたが後輩や部下から慕われることがあるようです。
そして、人間関係の絆が深まり上手く付き合っていけるのです。

まとめ

犬の夢が意味することは、夢の中での行動やあなたの気持ちによって意味合いが変わってくることがわかりました。
また、「夢占い」では犬の大きさや色によって占うことができるのです。
犬が夢にでてきたときは内容を良く把握し、今のあなたの状況と照らし合わせてみてください。

【夢占い】犬の夢が意味することとは?恋愛、仕事、金運などまとめて紹介!
最新情報をチェックしよう!