【夢占い】トイレの夢が意味することとは?恋愛、仕事、金運などまとめて紹介!

あなたは、「夢占い」を知っていますか?
「夢占い」は、あなたが眠っている間に見た夢の出来事を占っていきます。
「夢占い」の特徴は精神的に不安定なときや、楽しい気持ちなときに見る夢では内容が変わってくるのです。
そのさまざまな出来事を占うことであなたの運勢を占っていきます。
それでは、トイレの夢が意味することは何か!また、恋愛・仕事・金運などまとめてご紹介していきます。

【夢占い】トイレする夢が意味すること

本来トイレとは、排泄物を出す場所ではありますが「夢占い」ではトイレする夢の意味は「浄化」「金運」「健康」の意味をもっているようです。
トイレでは体に溜まった排泄物を出すということで、「夢占い」では自分の中にある不要なものを全部出すという暗示とされています。
それでは、トイレする夢がどんな意味をもつか詳しくみていきましょう。

トイレの夢が意味すること!「やりたいことを我慢している」

睡眠中にトイレに行きたくなったことはありませんか?
トイレに行きたいと感じているとき、トイレの夢を見たことがあるという人は多いと言われています。
そこで、実際にトイレに行くのを我慢しているという気持ちが夢に表れると同じように、トイレする夢を見るということは、「あなたがやりたいことを我慢している」という意味をもっているのです。

トイレの夢が意味すること!「取捨選択するタイミング」

トイレは、私たちの生活の中で欠かせない場所とされています。
体に溜まった排泄物を出すことで、体の中をきれいにしていくのです。
「夢占い」ではトイレ=浄化という意味をもっていることから、不要なものを捨てると表しています。
人間関係や恋愛、過去の出来事など、あなたが今抱えている問題を捨てるタイミングを表していると示しているのです。
トイレする夢を見たら是非、取捨選択するタイミングと考え行動に移してみてはいかがでしょうか。

トイレの夢が意味すること!「あなたの健康状態を暗示!」

トイレで出す排泄物には健康状態が表れているとされています。
そのことから、「夢占い」でもあなたの今の健康状態がわかってくというのです。
トイレに行けてスッキリする夢ならば、健康状態は良いとされてます。
しかし、なかなかトイレに行くことができず、出すことができない夢ならば健康状態が悪い暗示かもしれません。
その場合、注意が必要になります。

【夢占い】トイレする夢が恋愛運に与える影響とは

トイレする夢は、「捨てる」「浄化」するという意味合いから、過去の恋愛のトラウマや傷が癒えたという意味をもっているようです。
トイレする夢を見たということは、過去の恋愛にとらわれずに新しい恋に踏み出すタイミングを知らせてくれているのかもしれません。
また、恋人がいる人は相手との関係が進展するという意味合いをもっています。

【夢占い】トイレする夢が金運に与える影響とは

風水などでトイレをきれいにすると「金運」が上がると言われてます。
夢占いでもトイレする夢を見ると「金運」が上がる状態なのか判断ができるのです。
トイレの排泄物は汚いイメージがありますが、「夢占い」では良い運気という意味をもっているのです。
例えば、うんちが出てくる夢では「うん(運)」が上がるということで「吉夢」とされています。
あまり夢に出てきてほしくはないと思いますが、金運が上がると思えば良い夢に思えてくることでしょう。

【夢占い】トイレする夢が仕事運に与える影響とは

トイレする夢は、場所や内容によっても意味合いが変わってきます。
仕事運では、トイレを掃除することでこれまでの努力が報われるという意味をもっているようです。
さらに、トイレを掃除している場所が職場できれいにすることができたなら運気が上昇されるでしょう。
「夢占い」では、トイレというのは過去をきれいに忘れるという意味があるため、現在の自分が評価されるということになるのです。
トイレする夢を見たときは、仕事運が上がると考えても良いでしょう。

【夢占い】トイレする夢の意味を内容別に紹介

トイレする夢を見たときは、「夢占い」では内容によって見ることができます。
起きたときにトイレする夢の内容が気になる人は是非、メモなどをして記憶させておくと良いかもしれません。
内容によってさまざまな意味合いをもち、「良いこと」「悪いこと」を判断していきます。
では、トイレする夢の意味を内容別に詳しく紹介していきます。

トイレで用を足していた

トイレで用を足している夢を見たときは、今まで抱えていた問題が解決する暗示が出ています。
トイレには浄化するという意味があることから、排泄物を流すということで「要らないもの」=「問題が解決する」ということになります。
さらに、用を足してスッキリしたと感じた場合はより運気が良い方向に進んでいくことを示しています。
長い年月悩まされていた問題がスッキリとすることでしょう。

トイレの水が溢れていた

トイレの水が溢れている夢を見たときは、体に不調が出ているかもしれません。
トイレの水が溢れ体が濡れたということで体はもちろんのこと精神的にも疲れており、ストレスが溜まっている証なのです。
また、その水が大量の場合は症状が強くなります。
生活が乱れている人は、この機会に見直してみてはいかがでしょうか。
精神的にまいっている人は、ストレス解消に好きなことをして過ごすことをおすすめします。

トイレから便が溢れていた

トイレから便が溢れている夢を見たときは、前述で紹介した内容よりさらに深刻な場合があります。
水が溢れるよりも便が溢れるといったことが起きた場合は、より深くストレスを溜め込み心身ともに疲れ切っている状態であります。
その便はあなた自身、または周りの人の愚痴や不満が溜まったものを表しているようです。
量によっては、大量に溜まっていることで嫌な気持ちがどんどんと増えていくことになるでしょう。
原因を追求し、解決することをおすすめします。

トイレが詰まっていた

トイレが詰まっている夢を見たときは、体に異変がある可能性があります。
精神的な面もそうですが、トイレが詰まっているということは滞っているという意味をもっています。
そのため、ストレスを溜め込んでいる場合や体調に異変があることが多いようです。
ひどい詰まりの場合は特に注意が必要です。
ストレスを溜めている人は、周りの人に話を聞いてもらい気持ちを軽くしてみましょう。
体に異変がある人は、健康に気を使いゆっくりする時間を作ってみてはいかがでしょうか。

トイレが流れなかった

トイレが流れない夢を見たときは、「流れない」=「浄化されない」という暗示で悪いことが起きる予兆でもあります。
浄化されないということは、溜まるという意味から心身の疲れなど自分でも気が付かないうちに溜まっていることです。
また、消化器など下半身にトラブルが起きる可能性があるため、異変を感じたら早めに対応することをおすすめします。

トイレが壊れていた

トイレが壊れていた夢を見たときは、何か悪いことが起こる可能性があります。
あなたが使っているときに壊れた夢を見た場合は、あなた自身に問題が起こりトラブルに発展してしまうようです。
トイレが壊れた夢を見た場合は、大きな変化をもたらすようなことは避けた方が良いでしょう。
環境を変えたり、体調の変化には注意が必要です。
特に注意が必要なことは、健康面と金銭面です。

トイレが汚かった

トイレが汚かった夢を見たときは、不快に感じれば感じる程ストレスを多く抱え込んでいる証拠です。
また、あなたの今の状況がとてもひどく解決したいと前向きに考えていることになります。
その場合、状況を良く把握し落ち着いて問題を解決していけば上手くいくはずです。
トイレが汚れている場合でも不快に感じない場合は「吉夢」だと言われているため、仕事運や金運など上昇する可能性があるようです。
トイレが汚かった夢を見たときは、あなたが不快に思ったかどうか確認してみてください。
そのことで、吉夢なのかストレスを溜め込んでいるだけなのか、大きく意味は変わってきます。

トイレがくさかった

トイレがくさかった夢を見たときは、心も体も疲れているというサインがでているのかもしれません。
トイレが臭いと入ったときに嫌な気持ちになり、空気の入れ替えをしようと考えますよね?
夢占いでは、空気を入れ替える=気分を入れ替えると捉え、浄化の意味が込められています。
トイレがくさかった夢を見たあなたは、ストレスを溜めている可能性があるため、自分のすきなことをしたり、気持ちがリフレッシュできる方法でストレスを解消することをおすすめします。

トイレがピカピカで綺麗だった

トイレがピカピカで綺麗だった夢のときは、金運が上昇しているということになります。
前述の汚いトイレでも紹介しましたが、綺麗なトイレも金運が良いという暗示が出ています。
それが、綺麗なトイレならなおさら運気が良い証なのです。
トイレがピカピカだった夢を見たあなたは、宝くじなどを買ってみてはいかかでしょうか。
また、健康面でも順調だということもあり、心身共に上向き状態になっているということです。
いつもしないことにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
ラッキーなことが起こるかもしれませんよ!

トイレがとても狭かった

トイレがとても狭い夢を見たときは、今現在あなたは窮屈な思いをしているという暗示が出ているようです。
窮屈な思いというのは、ストレスが溜まっていたり体の不調を抱えていることを表しています。
その場合は、ゆったりとした時間を作り心身共に休めるようにした方が良いかもしれません。
何も考えずに時間に身を任せ、ゆったりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

なぜか学校のトイレにいた

なぜか学校のトイレにいた夢を見たときは、その学校にいた頃に嫌な出来事がありいまでも引きずっていることを暗示しています。
例えば、友達と喧嘩をしたことやいじめられたことなど、当時の嫌な記憶が残っていることが夢に出てきたのかもしれません。
また、そのことが原因で現在のあなたに影響を及ぼしている可能性があります。
夢の内容を良く観察していくことで、今の悩みが解決していくことでしょう。

トイレを掃除していた

トイレを掃除していた夢を見たときは、「健康面や金銭面は今の状態で大丈夫ですか?」と問われているのです。
日常生活でもトイレをきれいにすると、金運が上がると言われています。
トイレには「浄化」の意味をもっているため、トイレを掃除している夢をみた場合は健康面や金運を一度見直してみましょうという意味が込められています。
最近食べ過ぎているという人は少し食べることを控えたり、最近買い物をしすぎているという人は節約したり要らないものがないか一度確認してみてはいかがでしょうか。

トイレの便器を磨いていた

トイレの便器を磨いていた夢を見たときは、自分自身で何か解決しないといけないことがあると暗示が出ています。
トイレの便器を磨いていたということは、自分自身の中にある問題を解決したいと思っている気持ちの表れのようです。
ネガティブに考えずに前向きに考えようとする気持ちが大きく働いている暗示に捉えられます。
便器を磨いてきれいになった場合は、問題が解決されるという意味合いがあるでしょう。

トイレに行きたいのに行けなかった

トイレに行きたいのに行けなかった夢を見たときは、何かためらっていることがある表れのようです。
「〇〇をしたくてもできない」「〇〇したいけど大丈夫かな」と自分に自信を失くしている状態です。
自分の気持ちに我慢や遠慮をしたりしていませんか?
トイレに行きたいのに行けなかった夢を見た場合、あなたに「自分の気持ちに正直になり自信をもちましょう」と励ましてくれている暗示なのです。
是非、自分の気持ちに素直になって行動してみましょう。

トイレに並んでいた

トイレに並んでいた夢を見たときは、あなたはしたいことを我慢していると暗示が出ています。
トイレに並んでいるということは、尿意を我慢しているということになります。
この場合、ストレスを溜め込んでやりたいことを我慢していると捉えられます。
さらに、我慢ができなくて出てしまいそうになっている夢を見た人は、溜まっている気持ちが押し迫っている状況にあるようです。
すぐにストレスを解消できる方法で気持ちを解放してあげてください。

トイレを探していた

トイレを探していた夢を見たときは、気持ちの行き場に困っている状態といえます。
解決したいのに自分だけではどうにも解決できないと思っていませんか?
トイレを探していて見つかった夢を見た人は、解決できないと思っていた問題が解消される暗示が出ています。
反対に探しているのに見つからなかった夢を見た人は、しばらく問題から解放されずにいる状態が続くようです。
その場合、少し冷静になり深呼吸してみましょう。
冷静になることで新たな解決の糸口を見つけることができるかもしれません。

トイレを人に見られていた

トイレを人に見られていた夢を見たときは、あなたに隠し事があり周りの人にばれてしまわないかとヒヤヒヤしている状態を暗示しています。
トイレは一人になれる空間ということで、プライベートな部分とされています。
そこを人に見られたとなった場合、恐怖心や不安を覚えてしまいます。
人に言えない秘密がある人は特に、気になってしょうがない気持ちになってしまうようです。

トイレにトイレットペーパーがなかった

トイレにトイレットペーパーがなかった夢を見たときは、問題を解決できずにいる状態を表しています。
トイレットペーパーは問題(排泄物)を拭い去る意味をもっています。
トイレットペーパーがないということは、問題を解決することができなくて困っている状態なのです。
また、今現在問題や悩みを抱えていない人がトイレにトイレットペーパーがなかった夢を見た場合は、便秘で悩んでいることを表しているようです。

トイレに落ちていた

トイレに落ちていた夢を見たときは、健康面に不安があると考えられます。
今の生活では考えられない状況ではありますが、昔は和式で下が開いている状態だったため落ちることもあったようです。
トイレ=健康・金運となるため、健康面だけではなく金銭的にも問題を抱えている場合があります。
落ちるということは抜け出せないという危険なことを表しているため、一度冷静に現状を把握し問題を解決するための方法を考えた方が良さそうです。

トイレから這い上がっていた

トイレから這い上がっていた夢を見たときは、前述で紹介した内容とは反対に吉夢といえます。
トイレから這い上がっていたということは排泄物がついてる状態なため、金運が上昇する暗示といえます。
また、落ちても這い上がってくる場合は前向きと捉えることができるため、運気が上がると考えられます。

トイレに足がはまっていた

トイレに足がはまっていた夢をみたときは、不安な気持ちの表れを暗示しています。
トイレに足がはまってしまい「人に見られたらどうしようと」人目を気にしますよね?
そのことで、人に見られると恥ずかしいと感じることがあったり、恥ずかしい悩みがあるといえるのです。
そのことから、人目を気にするような悩みを抱えているといえます。
その不安を解消するためには、原因となる問題を解決するほかありません。

トイレに血がついていた

トイレに血がついていた夢を見たときは、金運アップの暗示になります。
血といえば怖い印象がありますが、「夢占い」では「血」は生命や再生の意味が込められているのです。
そのため、吉夢となり金運が良いとされています。
また、血尿の場合には意味合いが変わります。
不安を感じているときは、健康面や金銭面でトラブルが起こってしまうようです。
女性の場合は、月経の血の場合がありますが、それもまた意味が変わってきます。

下痢だった

下痢だった夢を見たときは、下痢をしていない人の場合は消化器系に異常があると考えられます。
また、ストレスを溜め込んでいる状態のため発散できることを積極的に行ってみてください。

便秘だった

便秘の夢を見たときは、あなたが一人で何かの責任を抱え込んでいる気持ちの表れです。
特に責任感が強い人は周りの人に相談せず、一人で解決しようと考えてしまいます。
便秘の夢を見たということは、一人で背負いこんでいることに限界を感じている証拠です。
無理をせずに周りの人に助けを求めて話すことで、抱えているものを軽くしてみませんか?

トイレに隠れていた

トイレに隠れている夢を見たときは、あなたの秘密を周囲の人に見つからないように隠している暗示が出ています。
トイレに隠れている夢を見るということは秘密を知られることを恐れ、身を守ろうとしているようです。
また、隠れるということは「言いたいけど言えない状態」を表しているといわれています。

トイレに何かを流していた

トイレに何かを流していた夢を見たときは、その「何か」があなたにとって不要になったということになります。
捨てることで、前向きに進んでいくという意味合いがあるようです。
要らなくなったものを流したということで、気持ちも軽くなりストレス発散に繋がっていくことでしょう。

トイレで漏らしてしまっていた

トイレで漏らしてしまっていた夢を見たときは、金運がアップする吉夢と暗示が出ています。
トイレで漏らすということは、排泄物が服などについたと考えると汚いことに思いますが、「夢占い」では吉夢と考えます。
しかし、起きたときにトイレに行きたくなった場合は、ただ単にトイレに行きたくてトイレで漏らした夢を見た可能性があるようです。

トイレの夢をよくみる

トイレの夢を良く見るときは、何か伝えたいことがあると考えます。
自分自身に何か要らない情報を捨てろと言われている気がしてなりません。
繰り返しトイレの夢を見るようなときは、夢の内容を詳細に考え検討してみてください。
きっと夢の中にヒントが隠されているはずです。

トイレで寝ていた

トイレで寝ていた夢を見たときは、現実から目を背けたいとあなたが考えている証です。
寝ている=目をつぶるということは、誰にも相談できない悩みを一人で抱え込んでしまい現実逃避したいと思っているのです。
一人で考えずに周りの人に話してみることで、解決の糸口を探ってみてはいかがでしょうか。

トイレに誰か入ってきていた

トイレに誰か入ってきた夢を見たときは、あなたが人からの干渉に嫌気がしていると暗示が出ています。
日常生活で周りの人からの干渉を嫌いそのストレスが夢に出てきたと考えます。
「誰か」というところですが、あなたが知っている人物である場合はその人に対して嫌悪感を抱いていることになります。
また、知らない人物の場合はこれからあなたを干渉する人が現れるということでしょう。

トイレが丸見えだった

トイレが丸見えだった夢を見たときは、あなたの性的な欲求を表しています。
トイレが丸見え=すべてが見えるという意味合いで、魅力的に見てほしいという願望を暗示しているようです。
夢の内容をよく確認し、前後の内容によって夢の意味が見えてくるはずです。

誰かにトイレを借りていた

誰かにトイレを借りていた夢を見たときは、浮気や不倫願望がある暗示が出ています。
日常の生活でトイレを借りることはよくありますが、「夢占い」では警告として捉えても良いでしょう。
恋人や相手のいる人は特に注意が必要です。
交際相手と関係が上手くいっていないなど、気持ちに余裕がないときに見る夢とされています。

トイレにスマホを落としていた

トイレにスマホを落とした夢を見たときは、「人間関係を変えたい」もしくは「捨てたい」と考えている暗示です。
スマホにはさまざまな情報が詰まっています。
特に人間関係に繋がる情報があることから、あなたは今の人間関係を変えたいと考えている意味合いをもっているようです。
また、「人間関係を見直した方が良い」という暗示が出ている場合があります。
あなたの置かれている状況を良く観察して、夢の意味と照らし合わせてみてください。

トイレに財布を落としていた

トイレに財布を落とした夢を見たときは、恋が終わりに近づいているという暗示が出ているようです。
自分のミスで財布をトイレに落としてしまった場合は、突然振られてしまうことを意味しています。
恋人や相手のいる人は注意が必要です。
また、相手のいる人で自分から別れを切り出そうとしていたときに、この夢をみたときは今のあなたの気持ちが夢に表れているようです。

トイレの窓が印象に残っている

トイレの窓が印象に残っている夢を見たときは、あなたの「欲求」や「願望」、「素直な気持ちを外に出して良いのか」と迷っている意味をもっています。
「夢占い」では、「窓」というのは心の内と外にある境界線を示しているのです。
窓の状態によっては、意味合いが変わってくることがあります。
開いている窓の場合は、欲求が強くなり我慢できなくなっている状態を表しています。
反対に窓に鍵をかける場合は、内に閉じ込めてしまおうと考えているようです。

公衆便所にいた

公衆トイレにいた夢を見たときは、日頃の生活を表しています。
公衆トイレの状態によりますが、きれいな場合は爽やかな気持ちで毎日を過ごせていると出ています。
しかし、汚れた公衆トイレの場合は問題を抱えている状態を意味します。
特に人間関係に問題があり、悩んでいることがあるようです。
また、公衆トイレを掃除してきれいに汚れを落とすことができた夢を見たときは、問題が解決されると暗示が出ています。

トイレの中にすでに誰かがいた

トイレの中にすでに誰かがいた夢を見たときは、あなたの心の中にある欲望を表しているようです。
また、「誰か」というのはあなたがその人に対して欲望を表したいと思っている相手なのです。
また、中にいた人物をストレスに感じている場合もあるようです。
知らない人が入っている場合は、周りの人に対して不満を抱えているという気持ちの表れなのです。
「誰が」入っているかによって意味が変わってきますので、あなたがその人物に対してどのような気持ちを抱いているのか考えてみましょう。

トイレに恐怖を感じていた

トイレに恐怖を感じた夢を見たときは、強いストレスを感じて心身ともに疲れていることを暗示しています。
怖い夢を見たときは、「夢占い」では「ネガティブな考え」になっている状態を表しているようです。
日常生活でのストレスや疲れが夢に表れるということは、相当疲れが溜まっている証拠だということです。
凝り固まった体と心を解きほぐしてあげることで解消されることもあります。
また、怖い夢は寝方が原因の場合があります。
うつ伏せに寝ていたり、体が冷えたときに見ることもあるようです。
目覚めたときに自分がどのような状態だったのか、観察してみることをおすすめします。

異性のトイレに入っていた

異性のトイレに入っていた夢を見たときは、あなたの異性に対しての欲求を表しています。
あなたが女性で男性のトイレに入ってしまった場合は、特定の誰かの気持ちを知りたいと考えている暗示なのかもしれません。
また、あなたが男性の場合にも同じ意味をもちます。
他にも、性的欲求が高いときにも同じ夢を見る場合があるそうです。

トイレに便器がなかった

トイレに便器がなかった夢を見たときは、精神的にとてもマイナスな状態を表しています。
トイレに便器がないということは、排泄物を出すことや流すことができないため、体の中に不要なものを溜め込んでいる状態になります。
そのことから、ストレスを解消したくてもできない状態のことを表しているのです。
対処法は、自分の好きなことをしてなるべく嫌なことをこれ以上溜めないように心がけてください。

トイレで着替えていた

トイレで着替えていた夢を見たときは、変身願望がある暗示が出ているようです。
心の中で変わりたいと願っていても、なかなか思い切ったことができない気持ちが表れているのかもしれません。
着替えた服が似合っている場合は、あなたの願望が叶う可能性があります。
しかし、似合わない場合はまだまだ目標が遠い可能性があります。
サイズが大きいときは、願い事が大きすぎて叶う見込みがないということもあるようです。

トイレを修理していた

トイレを修理していた夢を見たときは、悩みを抱えている出来事を解決したいと強く思っている暗示が出ています。
心の中で強く思っている気持ちがトイレを修理していた夢に出たのかもしれません。
修理しているということは、「行動へと移してみましょう」というアドバイスを意味しています。
また、この夢は吉夢と考え行動に移すことで上手くいくことを表しています。
しかし、体調に異変を感じている人は躊躇せずに病院に行きましょう。

トイレに閉じ込められていた

トイレに閉じ込められていた夢を見たときは、あなたの運気が滞っているという暗示が出ています。
ストレスを発散することができずに、内に溜め込みすぎている状態を表しているようです。
自分の好きなことに集中するなど、自由な時間を設けて気持ちを解放させてみてはいかがでしょうか。

トイレを誰かに急かされていた

トイレを誰かに急かされていた夢を見たときは、あなたの才能や能力を認めてくれる人が現れる暗示です。
急かされる=近い内にあなたのそばに現れる可能性があります。
オーディションや面接など受けたいと考えている人は、積極的に行動に移してみてください。
しかし、あなたの才能や能力を利用しようと近づいてくる人もいるようです。
信頼できる人なのか見極めて行動に移した方が良さそうです。

トイレの電気がつかなかった

トイレの電気がつかなかった夢を見たときは、あなたの金運が低下している可能性があります。
トイレの状態にもよりますが湿気の多いトイレの場合は、物を失くしたり給料が下がるようなことが起きる暗示が出ています。

トイレに手をつっこんでいた

トイレに手をつっこんでいた夢を見たときは、失ったものを取り戻せる可能性があると暗示が出ています。
一度失ってしまったものに対して、また逃れるということを示しています。
一見、汚い夢に思ってしまいますが吉夢と考えて良いでしょう。

トイレで吐いていた

トイレで吐いていた夢を見たときは、ストレスから解放されるという暗示が出ています。
実際に吐いたことがある人は、吐いた後はスッキリすると思います。
そこで、「夢占い」のトイレというのは浄化という意味があるため、ストレスが解消されて気持ちがスッキリするようです。

トイレで生理になっていた

トイレで生理になっていた夢を見たときは、体調が悪いという暗示が出ているようです。
普段の生活を見直したり、食事を改善するなどしたほうが良いというアドバイスが込められています。
生理といえば「血」を連想しますが、「夢占い」では「血」は金運がアップをする意味があります。
金銭面が良くなるというよりも、この場合周りの人からご飯をごちそうになったり何か貰いものをしたりすることを意味しているようです。

まとめ

トイレの夢が意味することは、さまざまな意味合いが込められていることがわかりました。
トイレには浄化や解放するという意味がありますが、体の不調を表していることも多く見られるのです。
トイレの夢を見たときは、内容を良く観察し自分にどんなメッセージを送ってくれたのかを確認してみてください。

【夢占い】トイレの夢が意味することとは?恋愛、仕事、金運などまとめて紹介!
最新情報をチェックしよう!