動物占いで「守りの猿」だったあなたの性格、恋愛運、仕事運、相性とは?2020年の運勢まとめ

動物占いで「守りの猿」だったあなた。
自分の性格を十分理解して日々の生活や恋愛に活かせているでしょうか?
幸せがそこまでやってきているのに、なぜか上手くいかないと悩んでばかりいるなら、それは残念なこと…。
これから私が「守りの猿」の基本的な性格や周りからの印象、動物占いの観点から見た相性などをお伝えします。
あなたの良さをフル活用できるよう、ぜひ最後までご覧くださいね。

「守りの猿」の2020年の運勢まとめ

「守りの猿」の2020年の運勢まとめ

動物占いに登場する猿の中でも、「守りの猿」は良識人として知られる存在で人気を集めます。
そんな「守りの猿」の2020年は、出会いの幅をグンと広げられる幸運気。自分の殻をひとつ脱ぎ捨てて大いなる発見をする年でもありますよ。
まったく経験のない事柄に多く触れることで自信が生まれ、これからの未来に活かしていけるのも2020年の特徴だと心得ましょう。
あなたは周りからの助けも得られる、素晴らしい性格の持ち主です。
この機会に自分の未知なる性格にも触れ、実り多い1年のために役立ててください。

動物占いで「守りの猿」だったあなたの基本的な性格

まずは動物占いで「守りの猿」がどんな性格の人なのかご紹介します。意外と知らなかった自分の一面が見えてくるかもしれませんよ!

人の気持ちを汲み取るのが上手い

他人と接することが苦にならず、むしろ人の心情を先読みして喜ばせることもできるのが「守りの猿」です。
事なかれ主義で必要以上に誰かを傷つけることや、嫌な気分にさせたりすることも少ないでしょう。
また相手の年齢に関係なく触れ合うこともでき、愛想の良さで年長者に可愛がられる傾向もみられます。
ときに相手の感情を読みすぎて、思ったことを口出せず悩んでしまうかもしれません。ストレスを溜め込み過ぎないよう、発散するタイミングも逃さないでくださいね。

小さいことにこだわらない

「守りの猿」は気持ちの切り替えが得意で、一見困難なことであっても軽く考えて取り組もうとする傾向があります。
良い意味で鈍感ともとれる性格は「守りの猿」の人生を生きやすくし、結果的に物事が上手く運ぶ事も多いはず。
誰もが投げ出す大仕事をやり遂げる粘り強さは、きっと周りからも頼りがいのある人として一目置かれていることでしょう。
ちなみに、「守りの猿」は物事だけでなく人に対しても、こだわりが少ないタイプです。失敗も成功もあまり深く追求することはないので、素っ気ないまたは態度が生意気などと受け取られる場合もあります。

明るくて元気

明るさと笑顔は「守りの猿」のチャーミングポイント!
さらに周りの空気も読めるので、あなたの周りには自然と多くの人が集まってきます。つい羽目を外して調子に乗り過ぎる場面もありますが、他人を不快にさせることなく、かえってその場のムードアップに繋がりやすいラッキーな性格です。
また困っていたり落ち込んでいる人を放置できないタイプなので、誰かのサポート役に回る機会にも多く恵まれます。

プライドが高い

気さくで人当たりの良い「守りの猿」ですが、実は高いプライドに裏付けされた計算ということもできます。
身に覚えのある人にとっては少々耳に痛い話ですが、「守りの猿」であるあなたは相手によって自分の態度や行動を上手に変化させているのではないでしょうか。
おそらく自分の弱さを見せたくない一心で、守る姿勢も強固にしているのが「守りの猿」が持つ裏の顔。
世の荒波を渡っていくためには必要なことですが、やり過ぎは禁物です。

自尊心が高い

自分から率先して他人を喜ばせたりサポートするのが得意な一方で、自尊心を傷つけられるのを最も嫌がるのが「守りの猿」です。
些細な失敗をしつこくいじられると、「守りの猿」の自尊心はズタズタ。
だからこそ揺るぎない自分のプライドを誇示しようとするはずです。

傷つきやすい

「守りの猿」は、いつも周囲に誰かいて楽しく充実した時間を過ごせていれば良いのですが、ひとたび何かに失敗してしまうと極端に落ち込んで何も手に付かなくなる傾向があります。
他人の気持ちがわかる人だけに、自分が犯した失敗を深く悔やんでしまうのは繊細な証拠。
タフな一面とは正反対の性格を克服するためには、2020年の経験で自信をつけることが欠かせません。

負けず嫌い

難しい問題をさらりと交わしてしまうなど、勝負においてもあまりこだわらない性格のようでいて、実は違います。
「守りの猿」は誰よりも負けを嫌い、始めから勝ち目のない争いには参加しない性分です。
高いプライドを持つが故の傾向は、闘志をむき出しにすると周りからの信頼に傷か付く恐れがあります。
猿は賢いので悟られまいとする意識も働きますが、長くより良い人間関係を維持したいなら、あなたの負けず嫌いは極力抑えておくのが無難です。

好き嫌いがハッキリ

好き嫌いがハッキリ

誰とでもフランクに話せる「守りの猿」ですが、好き・嫌いのジャッジは意外とはっきりしています。
真に付き合う相手は確実に選別しており、嫌いな相手に媚びるような振る舞いは基本的にしません。
ただ繊細な部分が顔をのぞかせると、嫌いな相手を拒絶した自分を攻めてしまい落ち込むことがあります。
揺れ動く心が痛むなら、許容範囲を少し広げてみる努力が必要かもしれませんね。

時流に乗り遅れないよう努力している

「守りの猿」は身だしなみにも気を使う方で、実年齢より若い人をターゲットにしたブランドも着こなすセンスが周りを惹き付けます。
内に秘めた負けん気やプライドがあるので、同年齢の人に埋もれてしまうのをどこかで避けたい意識が働くのでしょう。
周りを見渡して常に後れを取らないよう努力する傾向は、「守りの猿」の粘り強さにも通じているので、大いに活かして正解です。

思い切った冒険はしない堅実派

失敗を恐れる傾向にあるので、「守りの猿」は何事においても冒険をしない性格です。
人付き合いもなるべく無難な方を選択し、波風のたたない関係を好むでしょう。また、もともと無謀な挑戦には縁がないので趣味も広がりにくい傾向にあります。
堅実に生きることは決して悪くありませんが、2020年は自ら起こすアクションで運気が開けることを念頭に置いてくださいね。

浮き沈みのない人生を歩む

「守りの猿」は取り立てて無理をするでもなく、関わる相手も冷静に判断して向き合うなど保守的なところが随所にみられます。
人生全般は穏やかで、平和に過ごせる時間が長いことが特徴です。
味気ない人生に悔いを残したくないなら、少し早めの段階で未知の分野へのチャレンジを試みてください。

実利的な価値のあるものを大切にする

着々と努力を重ね大きな結果を残すこともできるのが「守りの猿」。特に自分にとって有益な事柄は抜群の集中力と根気強さで掴もうとします。
単なる趣味に終わるような生半可な気持ちではなく、その先を考えて真剣に挑む姿勢が追い風となるので、より実益を伴った結果に結びつけることができるでしょう。

向上心がある

動物占いの中でも野心家として知られるのが「守りの猿」です。堅実派は表の顔で、頭の中では常に自分をブラッシュアップしたい気持ちが溢れているため、人生の賭けに出るようなタイミングも少なからずあります。
向上心と野心は紙一重。賭けに負けるのは「守りの猿」にとって本意ではないはずなので、自分の性格を知ってヒートアップしすぎないよう注意することが大切です。

焦らず慎重に物事を進める

「守りの猿」は努力を惜しまず、物事を着々と積み重ねていくタイプです。ひとつのことにこだわらず冷静に対応していく姿は、粘り強く芯の強い人…といった印象で見られることも多いでしょう。
理想が高いのも「守りの猿」の特徴なので、自分が満足いく結果のためには慎重さが必要不可欠だと考えている傾向もみられます。

人に頼りがち

利口な猿は自分にとって有益な人との関係を大切にします。特に「守りの猿」は甘え上手。
自分ひとりでも十分可能なことさえ、より良い結果に導いてくれる誰かが居ればそちらを優先するでしょう。
一方で甘えた相手が期待外れだと、あからさまに態度を変えてしまうような面もあります。
甘えた相手が自分より若かったり格下で利用価値がないと判断したら、すぐにそっぽを向いてしまうはずです。

動物占いで「守りの猿」だったあなたの周りからの印象

ここまでは「守りの猿」が持つ性格傾向の中から15のポイントをご紹介しました。自覚があるものはもちろん、今回初めて知った性格もあるのではないでしょうか。
つづいて「守りの猿」が周りの人たちからどう見られているのか、主なものを3つご紹介していきます。

幅広い世代と交友関係がある

笑顔が印象的で朗らかな「守りの猿」は、その魅力に惹かれて集まる人たちから愛される存在です。
自分より年上の人にもウケが良いため関わるうちに自然と礼儀正しい振る舞いが身に付き、それを見ている後輩たちからは憧れの目で見られることでしょう。
また自分以外の失敗にはあまり関心がないので、ミスをチクチクいじるような性格の悪さも持ち合わせていません。

自分を大きく見せようとするところがある

プライドの高さは人一倍で、その様子は周りの目も認めています。冷やかされたり失敗を指摘されるのは嫌がりますが、「守りの猿」が他人を責めることはほとんどないので、人望に傷がつくことはほとんどありません。
あなたがどんなことで嫌がるか喜ぶか周りがちゃんと理解してくれているので、わざと自分を大きく見せようとも孤立や四面楚歌といった状況にはなりにくいでしょう。

笑顔に惹きつけられる

「守りの猿」の猿の笑顔は周りを和ませる最大のチャームポイントです。人付き合いが上手で話題も豊富なあなたは、存在そのものが誰かの支えになっていることも少なくありません。
悩みを抱えている人にはさりげなく手を差し伸べられる優しさも、「守りの猿」が多くの人から好かれる理由です。

動物占いで「守りの猿」だったあなたの恋愛運

動物占いで「守りの猿」だったあなたの恋愛運

プライドが高い「守りの猿」の恋愛は、相手の様子をうかがう時間が長いために奥手の傾向があります。それでも徐々にヒートアップしていき、やがて相手の愛を一身に受けたい気持ちが優先してくるでしょう。
人柄の良さは、あなたの恋愛においても功を奏します。ときにはプライド抜きに、素直な気持ちで相手に告白してみてはいかがでしょうか。
きっと今より多くのチャンスに恵まれ、幅広い異性との交流が生まれるはずですよ。
どうしても恋愛に対して前向きになれないなら、信頼できる友人や家族の紹介というパターンもアリです。上手く結婚に結びつけば家庭を大事にする人なので、順風満帆な結婚生活を送るれるでしょう。
いずれにしても周りを惹き付ける魅力をもっと恋愛に活かさないのは、もったいない気がします。

動物占いで「守りの猿」だったあなたの仕事運

動物占いで「守りの猿」だったあなたの仕事運

仕事に対しては野心メラメラ。誰にも負けたくない気持ちで挑むのが「守りの猿」ですが、最初の一歩を踏み出すのにはかなりの勇気を必要とします。
一度進み始めると相手の立場も関係なしにライバル視する傾向がみられ、自分の納得いくまで追求する粘り強さも発揮するでしょう。
最終的に自分の理想や満足度に達するかが鍵なので、都合の良いときだけ他人に甘えてやり過ごす、したたかな面もあるようですね。
がんばった分だけ結果は伴いますが、あまりにも我を通し過ぎると疲れが出たり、反感を買う恐れもあるので注意しましょう。

動物占いで「守りの猿」だったあなたの開運方法

自尊心の強さは、どんなとき表に出すかで周りの評価が変わってきます。「守りの猿」は自分のプライドが傷つかないよう巧みに周りを動かす傾向にあるので、度が過ぎると大きな運気ダウンに繋がりかねません。
少しでも開運に繋がる行動を心がけるとすれば、自分で最初から最後まで責任を全うする努力もしてみることです。能力的には大変優れていて、何でもそつなくこなせるのが本来の「守りの猿」。
力を出し惜しみしていると運からも見放されてしまうのが心配です。
安易に他人を頼らず思考と行動が伴っていけば、自然と運が味方して誰もが認める人格者に成長できるでしょう。

動物占いで「守りの猿」だったあなたと相性が良い動物

動物占いで「守りの猿」だったあなたと相性が良い動物

動物占いで「守りの猿」だったあなたは、他のどんな動物と相性がいいのでしょうか。
ここからは、あなたの恋愛・仕事・人間関係において好相性の組み合わせをご紹介します!

「守りの猿」と恋愛の相性が良い動物

「守りの猿」と恋愛の相性が良いのは「チャレンジ精神の旺盛なひつじ」と「面倒見のいい黒ひょう
」です。いずれも真面目な一面を持ったキャラクター達ですが、それぞれのポイントを踏まえつつ詳しく解説します。

チャレンジ精神の旺盛なひつじ

「守りの猿」と「チャレンジ精神の旺盛なひつじ」はもともと恋愛スタイルが似ている者同士です。
初めは奥手で自分からアクションを起こしませんが、ひとたび意思が通じるとどちらも構ってほしいので、ラブラブ状態となるのも時間の問題でしょう。
またトレンドにもうるさい2人なので、最新のおしゃれに身を包み話題のスポットに出かけるデートで盛り上がるなど充実した日々が過ごせます。
「チャレンジ精神の旺盛なひつじ」は寂しがり屋なので、世話好きな「守りの猿」がこまめにケアしてあげると、絆が深まっておすすめです。

面倒見のいい黒ひょう

奥手な性格の「守りの猿」にとって、「面倒見のいい黒ひょう」は痒いところに手が届く存在です。多くを語らなくても本音を引き出してくれる黒ひょうは、恋愛下手を克服できる相手ということもできます。
恋愛の相性がいい2人は共通の趣味や目標を持つと、より相手のことを理解しやすいはず…。例えば恋愛と結婚をワンセットで考えているなら、もっとも最短でゴールに近づけるのが「守りの猿」と「面倒見のいい黒ひょう」の組み合わせかもしれません。
一方で、ひとつ注意したいのは「面倒見のいい黒ひょう」の頑固な一面です。些細なことでも拗(す)ねると厄介なので、相手の意見に耳を傾ける姿勢を崩さない努力が必要とされます。

「守りの猿」と仕事の相性が良い動物

つづいては、「守りの猿」と仕事の相性が良い「協調性のないひつじ」「感情豊かな黒ひょう」との関係について解説します。あなたにとっては良き相談相手でありサポーターとなる存在です。
身近にこのいずれかが居れば、仲良くなっておいて損はないでしょう。

協調性のないひつじ

「協調性のないひつじ」は相手の様子をみて近づくのが上手な人です。前に進むのに躊躇している「守りの猿」にとって、ありがたいサポートをしてくれる相手となります。
かなり懐の深いタイプですが、「守りの猿」があまりにも甘えすぎるのは禁物です。
開運ポイントでもお伝えしたように、他人は自分の道具ではなくあくまで足りない部分を補ってくれる存在…として捉えるくらいの配慮が必要でしょう。
優秀な相手だけに、礼儀をわきまえた関係を保つのが長く良好なパートナーシップを築くコツです。

感情豊かな黒ひょう

共通の目標に向かってトライする仕事なら、「感情豊かな黒ひょう」との組み合わせがベストです。
芸術的センスに優れた「感情豊かな黒ひょう」は、誰もが目を見張る結果を残したいときに力を発揮してくれます。
根気強さという点でも「守りの猿」に近いので、時間をかけたコツコツ型のプロジェクトを遂行する良き仲間となるはずです。
また基本的に周りの気分を害さない陽気な性格の持ち主なので、2人のいるところには自然と多くの仲間が集まり、良い雰囲気の仕事環境が形成されていきます。
自分の目指す理想をきちんと伝えることで「感情豊かな黒ひょう」のやる気に火が付き、抜群の行動力で課題をクリアしていける可能性は大!
本当に困ったときこそ、身近な「感情豊かな黒ひょう」が助け舟となるのです。

「守りの猿」と人間関係の相性が良い動物

長い人生において良好な関係を保てる相手は貴重です。
つづいてご紹介する、「長距離ランナーのチーター」と「正直なこじか」はいずれも「守りの猿」と人間関係の相性が良い組み合わせなので、ぜひチェックしてください。

長距離ランナーのチーター

プライドの高さという点で「守りの猿」のさらに上をいくのが「長距離ランナーのチーター」。
加えて引っ込み思案な「守りの猿」をグイグイ引っ張っていく強引な性格も持ち合わせた相手です。
「守りの猿」にとっては自分に足りない部分を持ち、気が付けばそのペースに飲み込まれていることも多いでしょう。
居心地はかなりいいはずで、「長距離ランナーのチーター」が指し示す道を歩いていればいつの間にか自分の理想に到達できるメリットも隠れているようです。
俊足で知られるチーターならではのウイークポイントはそそっかしい部分なので、「守りの猿」が上手くフォローすることでこの関係性は成り立ちます。
持ちつ持たれつしながら長く友情を育むのにも良さそうですよ!

正直なこじか

「守りの猿」と「正直なこじか」は、警戒心が強く控えめである点が似ています。また互いに世話好きで何事も調和を大切にする傾向や、人との距離の取り方などにおいても多くの共通点を持つ組み合わせです。
「正直なこじか」は見た目にも地味な印象をもたれがちですが、内に秘める闘志や野望のようなものは常にあり、着実に成果を残します。
信頼できて価値観も近い2人なのですが、実は「守りの猿」より甘えん坊なのが「正直なこじか」です。ケースによっては猿の方がこじかの甘えを許すことができず、関係がギクシャクしてしまうこともありそうです。

最後に…「守りの猿」との上手な付き合い方!

今回は動物占いの「守りの猿」について、さまざまな観点から分析してみました。
「守りの猿」は初めこそ何を考えているのかわからないものの、誰とでも打ち解けて雰囲気を明るくできるムードメーカー。
高い理想を持つ人で納得いかないとちょっと機嫌が悪くなりますが、それでもなぜか愛嬌と捉えられる得な性分ともいえます。
特有の愛され体質によって甘えの気持ちが強いのですが、自分の魅力が開花するために他人の力が欠かせないことをことをよく理解している頭のいい人です。
身近に居る「守りの猿」には無理のない範囲でサポートし、過剰に甘やかさないようにしましょうね。
互いに無理をしないことが「守りの猿」との関係を円滑にし、楽しい雰囲気で過ごすのに有効です。

動物占いで「守りの猿」だったあなたの性格、恋愛運、仕事運、相性とは?2020年の運勢まとめ
最新情報をチェックしよう!